「東日本実業団陸上競技選手権」3000メートル障害にて明石が3位、熊谷が4位となりました | リラクゼーションスペース ラフィネ

マッサージファンにも大好評、リラクゼーションスペース『ラフィネ』のニュースリリースのページ

お知らせ 「東日本実業団陸上競技選手権」3000メートル障害にて明石が3位、熊谷が4位となりました

2018/05更新

いつもラフィネ陸上部に暖かい声援をお送りいただき誠にありがとうございます。

2018年5月19日(土)・20日(日)に行われた
「東日本実業団陸上競技選手権」の5000メートル タイムレースに
ラフィネ陸上部より鈴木 太基森橋 完介成田 元一海老澤 太甲斐 大貴小泉 雄輝福村 拳太畔柳 隼弥、大崎 遼が出場いたしました。
3000メートル障害に熊谷 光明石 伊央が出場いたしました。

その結果
【男子5000メートル タイムレース】
鈴木 太基 14分28秒88
森橋 完介 14分28秒94
成田 元一 14分36秒75
海老澤 太 14分42秒42
甲斐 大貴 14分45秒50
小泉 雄輝 14分48秒26
福村 拳太 14分52秒61
大崎 遼 14分59秒31
畔柳 隼弥 15分04秒43

【男子3000メートル障害】
熊谷 光 8分58秒18【4位】

【女子3000メートル障害】
明石 伊央 10分53秒53【3位】

となりました。
また、熊谷 光が3000メートル障害にて自己ベストを更新いたしました。

暖かいご声援をいただき誠にありがとうございます。
引き続き、ラフィネ陸上部の応援のほどよろしくお願いいたします。

ラフィネ陸上部ついて詳しくはこちら

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップへ